荒神山の喧嘩

荒神山の喧嘩(こうじんやまのけんか)は1866年4月8日に伊勢国荒神山(現・鈴鹿市高塚町の観音寺)で起きた博徒同士の私闘。講談の神田伯山、浪曲の広沢虎造の次郎長伝で有名。荒神山の決闘とも。

概要

加わった主な博徒

神戸長吉側

穴太徳次郎側

手打式に参加した博徒

仲人・後見人

立会人

安濃徳側



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS