山梨一家

四代目山梨一家(やまなしいっか)は山梨県甲府市下石田2-18-1に本部を置く暴力団で、指定暴力団・稲川会の二次団体。

画像

略歴

  • 愚連隊であった川上三喜が、モロッコの辰こと出口辰夫の腹心・佐々木鳴夫の誘いにより出口辰夫の舎弟となった。
  • 出口辰夫、佐々木鳴夫が死亡し、川上三喜横須賀一家に移籍、横須賀一家川上組を結成した。
  • 1975年、甲府抗争による懲役12年の刑を終え出所した川上三喜は甲府市に地盤を築き横須賀一家から独立、山梨一家を結成した。
  • 2011年5月、佐野照明は稲川会・三代目山梨一家総長だったが、当時稲川会理事長であった内堀和也が、
    一方的に稲川会二次団体総長代行や若頭を舎弟にしていることに抗議し稲川会を脱退、新たに独立組織・山梨侠友會を結成した。
    稲川会佐野照明を破門、山梨一家の三代目を抹消。三代目森田一家総長・小林山水が三代目山梨一家総長に就任した。
    これにより山梨一家と山梨侠友會は抗争に突入し、以降、山梨県内では52件の抗争事件が確認され、うち34件は発砲事件だった。
  • 2014年12月6日、午前7時25分頃、甲府市の中央自動車道甲府南インターチェンジの料金所付近で、2台の乗用車に分乗した山梨侠友會幹部ら2人が拳銃で撃たれ、幹部が足の骨を折る重傷、山梨侠友會関係者の男性1人が胸に軽傷を負った。
    幹部らは甲府南ICの料金所を通過して東京方面の本線への合流路を進む途中、前方を走っていた乗用車が道をふさぐように急停止。その車から降りてきた数人の目出し帽をかぶった人物が近づいて発砲した。
    銃撃犯の車と2人の車の間には一般の車が2、3台がいたが、一般人のケガ人はなかった。
  • 2016年2月19日、道仁会会長・小林哲治の仲裁により、山梨侠友會は山梨県警南甲府署に解散届を提出、同月24日に佐野組として稲川会に復帰した。
  • 保阪貫作が四代目山梨一家を継承した。

系譜

初 代 - 川上三喜稲川会副理事長)
二代目 - 近藤 登(稲川会懲罰委員長)
三代目 - 佐野照明 - 代目抹消
三代目 - 小林山水稲川会常任相談役)
四代目 - 保阪貫作

四代目山梨一家組織図

総長

保阪貫作稲川会直参)

執行部

若 頭 - 根津武彦稲川会理事・三代目保阪組若頭)
本部長 - 高槻 剛(三代目保阪組本部長)
組織委員長 - 萩原正浩稲川会理事)
渉外委員長 - 倉金 淳稲川会理事)

顧問

三枝義弘

相談役

雨宮 傳
山下 登
丹澤勝正(三代目保阪組組長)
橋本健司稲川会代表理事)

総長室室長

赤松則志

本部総責任者

河野 稔

本部責任者

天野正弘

若頭補佐

河野繫成
伊藤大介
田中公基
清水 仁
土屋育令

総長付

村松正幸
山根善伸
小森景太
橋本浩起
田中智幸

総局長

中込憲承



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS