小林哲治

小林哲治(こばやし てつじ、1956年- )は日本のヤクザ。指定暴力団・四代目道仁会会長。

略歴

  • 2007年8月、道仁会を離脱した「九州誠道会」との抗争で三代目・大中義久が福岡市内の路上で射殺された。
  • 同年9月14日、服役中だった小林哲治は獄中で道仁会の四代目を継承した。
  • 2010年2月、出所。九州誠道会との抗争終結に尽力した。
  • 2013年、道仁会は抗争終結の宣言書を警察に提出し、九州誠道会は解散した。


【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS