極政組

五代目極政組(きょくせいぐみ)は福岡県中間市中鶴1-25-12に本部を置く暴力団で、指定暴力団・五代目工藤會の二次団体。前身は溝下組極政会

画像

略歴

  • 1961年、溝下秀男が地元中学を卒業し、北九州市門司を本拠に大長健一が率いた愚連隊・大長組へ加入した。
  • 1970年、大長健一が殺害されると、溝下秀男は24歳で愚連隊の溝下組を結成。
  • 1978年12月、草野一家田川支部長・天野義孝溝下秀男が盃を交わし、溝下組ごと草野一家に加入した。
  • 1979年9月、溝下秀男草野高明の舎弟となり、溝下組から極政会へと改称される。
    溝下秀男草野一家の勢力拡大の原動力となり、のちに草野一家若頭となる。
  • 1987年6月、草野一家工藤会は抗争を重ねたが、恩讐を超えて再統合、名称を工藤連合草野一家と改めた。工藤玄治は総裁、草野高明は総長に就任した。
  • 新井秀夫(草野一家総長代行)、溝下秀男(草野一家若頭)、本部長・野村悟(工藤会理事長)の様に草野一家出身者が重要ポストを占め、代紋も草野一家の物が使用された。これにより工藤会9団体206名、草野一家26団体628名の合計35団体、834名という九州一の大組織が誕生した。
  • 1990年、溝下秀男工藤會の三代目会長に昇格すると、江藤允政が極政組の二代目を継承。
  • 2008年7月1日、溝下秀男が病死。

四代目田中組による溝氏派幹部の粛清

服役中一方的に破門・謎の継承

  • 同年8月、二代目極政組組長の江藤允政は、当時工藤會組織委員長・警護隊長を務め溝下秀男の側近だったが、もう少しで2年間の服役を終える収監中に突然と四代目工藤會から除籍され引退させられた。二代目極政組若頭・今田雄二が三代目組長となった。長期服役ならともかく、代替わりを服役中に行うのは異例であり、通常は当代が関係者に十分な根回しをしてから行われるのが普通である。さらに一連の事件中で今田雄二ら主要幹部12名は、組を脱退しようとした組員を集団で暴行したとして逮捕監禁致傷容疑で逮捕されており、極政組では幹部が社会不在かつ当代が服役中に代替わりする事態となった。
  • なお、服役中に何ら根拠もなく『江藤允政に対する工藤會四代目・野村悟、理事長・田上文雄の対応は破門』であり、事実上四代目田中組が溝下派を粛正し全て一掃し独占した瞬間でもある。三代目工藤會会長・溝下秀男が亡くなり、草野一家出身で三代目工藤會会長代行を務めた天野義孝も亡くなるなど、草野一家出身の親分が鬼籍に入ったのも無縁ではないだろう。

溝下前会長最側近最後の粛清

  • 2012年7月8日、福岡県筑紫野市光が丘3のマンション玄関ロビーで、引退した二代目極政組組長・江藤允政が至近距離から3発撃たれて死亡した。

上部からの指示による一般人・企業への襲撃指示

  • 2022年7月29日、2012年9月に北九州市八幡西区茶屋の原1丁目の交差点で、乗用車の助手席に乗り信号待ちをしていた不動産会社の男性経営者が、2人組に助手席側の窓ガラスを割られ、刃物で左腕や左脇腹を数回刺され重傷を負った事件で、指示役として内蔵成喜八や、極政組前組長・今田雄二、極政組幹部・竹内信二ら5人が殺人未遂容疑で逮捕された。
  • 2023年6月19日、2011年5月6日午前1時35分頃、東京に本社を置く準大手ゼネコン九州支店に勤務する男性の自宅に、拳銃で銃弾5発を発射して玄関ドアを損壊させた事件で、内蔵成喜八が実行役の当時工藤會傘下幹部ら2人に犯行を指示したとして逮捕された。

系譜

初 代 - 溝下秀男溝下組組長・初代極政会会長・三代目工藤會会長)
二代目 - 江藤允政(三代目工藤會執行部組織委員長)
三代目 - 今田雄二(五代目工藤會常任相談役)
四代目 - 内蔵成喜八(五代目工藤會理事長補佐)
五代目 - 福田伸也

五代目極政組組織図

組 長 - 福田伸也(五代目工藤會理事長補佐)



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS