野村 悟

野村 悟(のむら さとる、1946年 - )はヤクザ。指定暴力団・四代目工藤會会長。五代目工藤會総裁。

略歴

身近な同級生の話し

田中組では当時の工藤會では最大の勢力を誇る組織だったようであり、野村悟本人は、若い頃に自転車泥棒で逮捕歴はあり、組員となった若手時代に特に武勇伝もなく、
組内ではパシリや鉄砲玉のような扱いを受けて軽んじられていたようであった。一概には言えないが裕福な家族であった為にそのような扱いをされていたようである。
そんな中で野村悟にとって転機となったのが、初代田中組組長の田中新太郎が、工藤會の最大の抗争相手だった草野一家極政会の構成員に殺害された事件だったと言われている。
野村悟は、1979年起こった田中新太郎射殺事件直後に組内に金をバラまいて一大勢力を築き、6年かけて工藤会跡目候補だった理事長で、穏健派である木村清純二代目田中組組長を追放するというクーデターに成功した。幹部達は野村から金を受け取り言い成りになっていたという。

脱税事件

一般市民襲撃事件



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-25 (水) 13:44:18