誠友会

五代目誠友会(せいゆうかい)は北海道札幌市中央区南七条西6-2-1に本部を置く暴力団で、指定暴力団・六代目山口組の二次団体。

画像

略歴

  • 1957年(昭和32年)、長岡宗一は會津家一家・小高龍湖の実子分となった。
  • 長岡宗一と小高龍湖は不仲となった。
  • 1962年(昭和37年)5月、長岡宗一は小高龍湖に逆破門状を送った。
  • 長岡宗一は會津家から波紋となり、長友会を結成した。

北海道同志会を結成

  • 同年、「長友会」会長・長岡宗一、愚連隊・石間春夫、愚連隊・谷内二三男が五分の兄弟盃を交わし、三派を統合して「北海道同志会」を結成。初代会長に長岡宗一が就任。
    この北海道同志会を起源としている。
  • 同年10月、長岡宗一は三代目山口組柳川組谷川康太郎と五分の兄弟分となった。

三代目山口組・柳川組に加入

二代目柳川組の解散

  • 1969年(昭和44年)、二代目柳川組が解散した。
  • 谷内二三男は、独断で柳川組北海道支部から脱退し、源清田一家・萩原敬士の舎弟となった。
    萩原敬士や源清田長江四代目・塚本修翠、本郷清らを通して小高龍湖に詫びを入れ許された。
  • 1970年(昭和45年)、谷内二三男は、旧柳川組北海道支部を「北海道誠友会」と改称した。
    谷内二三男が会長に、長岡宗一の実子分・田村武志が副会長に就任。石間春夫は服役中であったため相談役とされた。石間春夫は一連の経緯を知らされていなかった。
  • 北海道誠友会は、「山口組とは縁を持たない」という条件で、北海道のヤクザ組織から設立を認められた。
  • 同年6月、石間春夫が出所、北海道誠友会から脱退して「北誠会」を結成した。
  • 谷内二三男が病気により引退し、田村武志が「二代目北海道誠友会」会長に就任した。

初代誠友会の結成

山口組加入までの経緯

  • 誠友会と山口組の接触は1984年から進められており、四代目山口組一会会長の野澤儀太郎が、札幌刑務所の病舎で石間春夫と面会。この時加入話は持ち出さなかったものの、同年秋には当時若頭補佐の渡辺芳則桂木正夫が面会し、年明けには若頭である中山勝正と会う手筈になっていた。
  • 1985年(昭和60年)1月27日に、中山勝正一和会の襲撃で急死すると、これをきっかけに石間春夫山口組入りを決意する。なお直後私文書偽造により懲役4年の判決を受け、宮城刑務所に収監される。
    加えて当時、初代誠友会が加入していた「北海道同行会」の会規に「内地の広域組織は同行会には入れない」とする条項があったものの、初代誠友会の姿勢は不透明であった。

山口組加入後

  • 1989年(平成1年)1月21日午前0時40分、石間春夫は満期釈放で宮城刑務所から出所。
  • 同日午後、初代誠友会本部で石間春夫の放免祝いが行われ、渡辺芳則や4人の山口組直系組長などが参加した。
  • 同年2月、室蘭市で初代誠友会と飯島安達連合睦会との抗争が勃発。
  • 同年9月27日午前2時50分ごろ、札幌抗争が勃発。
  • 同年12月、右翼団体・維新天誅会の訪問を受け、受け取ったお歳暮ののしに「共政会」と書かれてあったため、維新天誅会が共政会傘下だと知り、北海道内では山口組以外のヤクザ系右翼団体の活動を認めないと宣言した。
  • 1990年(平成2年)1月4日、北海道神宮近くで、石間春夫共政会系の右翼団体・維新天誅会会員2人により射殺される。

二代目

  • 同年4月、田村武志が誠友会の二代目を継承。五代目山口組直参に昇格。
  • 誠友会に於いて総長名乗りは初代・石間春夫一代限りとした事から、二代目以降は会長となる。
  • 2001年(平成13年)10月18日、田村武志が病死。69歳没。

三代目

  • 2002年(平成14年)、船木一治が三代目を継承。
  • 2012年(平成24年)4月、六代目山口組幹部に就任。
  • 2013年(平成25年)3月30日、三代目会長・船木一治が死去。

四代目

  • 同年5月、渡部隆が誠友会の四代目を継承し、六代目山口組直参に昇格。
  • 2024年(令和6年)3月7日、四代目・渡部隆が持病により75歳で死去。

五代目

  • 2024年(令和6年)3月17日、誠友会本部で臨時招集が開かれ、関谷弘志の五代目継承及び新人事の内諾を山口組本家より得られた旨の発表が行われた。
  • 同月31日、関谷弘志が六代目山口組若中として直参に昇格。
  • 同年5月9日、誠友会本部で、関谷弘志と組員の盃直しの儀式が執り行われた。

誠友会系譜

北海道同志会(柳川組北海道支部)

初 代 - 長岡宗一
二代目 - 石間春夫

北海道誠友会

初 代 - 谷内二三男
二代目 - 田村武志

北誠会

石間春夫

誠友会

初 代 - 石間春夫(五代目山口組舎弟)
二代目 - 田村武志(五代目山口組若中)
三代目 - 船木一治(六代目山口組幹部)
四代目 - 渡部 隆(六代目山口組若中)
五代目 - 関谷弘志

五代目誠友会組織図

会長

関谷弘志(六代目山口組若中)

最高顧問

高橋哲雄

最高幹部五役

若 頭 - 兼松義幸(二代目渡部会会長)
舎弟頭 - 漆原健二漆原組組長)
本部長 - 宮本正英(二代目小仲組組長)
幹事長 - 北川靖典(二代目束田会会長)
副本部長 - 古賀将史(二代目島田組組長)

舎弟頭補佐

千 富士夫千組組長)
宮井静夫宮井組組長)

顧問

金澤雅典金澤組組長)
野本健二野本組組長)
島田耕平島田総業組長)
成田和人成田組組長)

若頭補佐

内片誠治内片組組長)
慶弔委員長 - 種田隆広種田組組長)
黒澤道遠黒澤組組長)
田中一彦(二代目山元組組長)
小池広明小池組組長)
佐藤史仁(二代目藤森組組長)
緒方洋亮緒方組組長)
板川政美板川組組長)

事務局長

大熊隆二大熊総業組長)

舎弟

豊吉清貴豊吉組組長)
薄田豊美薄田会会長)
高尾兆二高尾組組長)
坪岡等一坪岡組組長)
富田道弘富田組組長)
武井真也武井組組長)

幹部

関根広明(二代目関根組組長)
徳田 剛徳田組組長)
山本道寛寛組組長)
成田冬馗(四代目高橋組組長)

若中

松下 孝松孝興業組長)
三浦隆志三浦組組長)
今野靖治今野組組長)
香川國洋(三代目西村会会長)
清水徳行(三代目山勝会組長)
漆原龍三健道組組長)
佐々木圭吾(二代目飛山組組長)

相談役

工藤隆則工藤組組長)
高橋清一
飛山仁志
手塚秀彦手塚総業組長)
中山良作 - 服役中



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS