共政会

六代目共政会(きょうせいかい)は広島県広島市南区南大河町18-10に本部を置く指定暴力団。

共政会

主な施設

本部 - 広島県広島市南区南大河町18-10
旧本部 - 広島県広島市南区仁保新町2-6-5
本家 - 広島県安芸郡府中町山田3-1−10
旧本家 - 広島県広島市南区南蟹屋1-3-35 203号
五代目本家 - 広島県広島市西区横川町2-15-14 501号 601号
四代目本家 - 広島県広島市中区中町7-15 610号

略歴

  • 1964年5月、山村組組長・山村辰雄は広島市の的屋・村上組の村上正明と提携し、政治結社・共政会を結成。
  • 1965年6月9日、山村辰雄は広島県警に引退を宣言。共政会二代目会長を服部武が継承。
  • 1970年、合田一家・合田幸一総長の提唱により反山口組同盟・関西二十日会を結成。
    加盟組織は、合田一家、大阪市の松田組、神戸市の忠成会、姫路市の木下会、岡山市の浅野組、広島市の共政会、北九州市の工藤会など。
  • 1970年1月22日、共政会三代目を山田久が継承。
  • 1987年11月、三代目・山田久が死亡。共政会は理事長・沖本勲を中心とした幹部の合議制で運営された。
  • 1990年9月、沖本勲が共政会四代目を継承。
  • 1992年7月27日、広島県公安委員会は、共政会を指定暴力団に指定。
  • 1996年2月、四代目共政会、二代目俠道会、三代目浅野組、六代目合田一家親和会は、親睦会「五社会」を結成。
  • 2003年8月、沖本勲が病死。
  • 2004年4月、守屋輯が五代目を継承。
  • 2018年2月、守屋輯荒瀬進を会長とし、五代目共政会総裁に就任。
  • 2019年4月、五代目共政会守屋輯が引退。
  • 2020年2月16日、六代目共政会会長・荒瀬進と、六代目山口組若頭補佐・安東美樹(二代目竹中組組長)が兄弟分となる縁組盃儀式が執り行われた。
    縁組盃儀式は岡山市内の六代目山口組・二代目大石組本部で挙行され、取持人は合田一家総長・末廣誠、媒酌人の三代目福博会組織委員長・坂元常雄、後見人である六代目山口組組長・司忍の名代として若頭・髙山清司が列席。双方の最高幹部が見届け人として名を連ねた。

共政会系譜

初 代 - 山村辰雄(山村組組長)
二代目 - 服部 武
三代目 - 山田 久
四代目 - 沖本 勲沖本組組長)
五代目 - 守屋 輯守屋組組長)
六代目 - 荒瀬 進荒瀬組組長)

六代目共政会組織図

会長

荒瀬 進

執行部

会長代行 - 薮内賢治(五代目美能組組長)
理事長 - 不在
理事長代行 - 村上 明(二代目播真組組長)
本部長 - 迫田一臣(二代目今田組組長)
幹事長 - 池田輝光池田組組長)
組織委員長 - 藤井 真(二代目石井組組長)
慶弔委員長 - 正木隆裕正木組組長)
懲罰委員長 - 蔦野 諭(二代目荒瀬組組長)
行動隊隊長 - 山田 航
江田島・大竹地区支部長 - 山本達宣山本組組長)

相談役

常任相談役 - 石井謙二
沖田 孝沖田組組長)
播真昌男
三浦 勇三浦組組長)

副会長

大上博司(二代目片山組組長)
上田孝司上田組組長)

参与

井田幸伸(三代目沖本組組長)
新谷義行(二代目伊藤組組長)
吉田明則
為広雅彦為広組組長)
吉岡正光
前中鉄造前中組組長)

本部責任者

半田良博半田組組長)

事務局長補佐

金子 誠

副事務局長

平野正実
田中宏昌

地区責任者

三次地区責任者 - 森藤純一

会長付

永尾洋二
上田嘉居
森島真治

直参

前崎 修
和田 努
山内純二
奧島信雄
上瀧靖治(二代目流川組長)
宮本哲成
岩本和広
林 邦彦
高橋朋嗣

直参扱

山田裕司
中山国彦
植木茂男
佐々木渉
矢賀垰徹



【このページの編集依頼】


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS