堀 政夫

堀 政夫(ほり まさお、1925年-1990年10月25日)は長崎県佐世保市出身、日本のヤクザ。住吉連合会総裁。住吉一家五代目総長。四代目中里一家総長。港会常任理事。

略歴

  • 地元学校を卒業後、十代後半に東京都港区白金に住み、一回り年上の高橋岩太郎の賭場に出入りしていた。当時の堀政夫は血気盛んだったようで、賭場周辺を徘徊する愚連隊を見つけては声をかけ、挨拶もせず反抗する相手には問答無用で匕首で斬りつけ、賭場周辺から見知らぬ愚連隊を徹底的に排除していた若者であったと、後に高橋岩太郎は言っている。
  • 二代目住吉一家高輪・伊皿子貸元、井出六蔵親分との縁で渡世入り。
  • 1950年の戦後、芝居一座などの興行主として東北一円を巡業。
  • 1955年、井出六蔵の命で兄弟分の後藤基治?は千葉県柏市に行き馬橋一家を継承、堀政夫は30歳で千葉県野田市に行き中里一家の跡目を継いだと言われている。
  • 1967年、住吉一家四代目・磧上義光から五代目の指名を受け、「住吉連合」を結成し代表に就任。堀政夫42歳であった。
  • 1982年、組織の刷新を断行し組織名を「住吉連合会」に改め会長に就任。
  • 1988年、組織改革により住吉連合会総裁に就任。会員も増え続け、準構成員含め1万2千人にまで増え続けた。
  • 1990年10月、東京都墨田区向島の病院にて肝硬変で死去。享年65歳。その葬儀には全国から2万人を超す弔問者が参列したという。

人となり

  • 自身の都合で義理を欠いてしまった時、後日側近に何も告げず単身でその組織へ訪れ、「大変申し訳ありません」と、大組織の首領にもかかわらず額を畳に擦りつけながら土下座をする人物であったという。この逸話話しは、某月刊誌に取材された組織の長が、感慨深く記者に述べている。
  • 東北地方のある親分の自宅へ泊まる時、その親分が若い衆に指示し、分厚いふかふかの布団を用意させようとするも、風呂から上がって来た堀政夫がそれを見るや、
    「今後懲役に行った場合のことを考え、普通のせんべい布団をお願い出来ませんか?」と、困惑した表情でその若い衆に相談していたという。
  • 1970年代、住吉連合幹部の葬儀終了後、全ての片付けも終え10人近くの最高幹部と記念写真を撮り、みな自由のポーズで撮る中、真ん中で軍人のように一人直立不動で立っているのが堀政夫である(某月刊誌にて掲載)。
  • 日本の映画やお笑い界に影響力を持ち、2021年現在は映画監督でもある北野武は、1986年12月、フライデー襲撃事件後、8カ月で復帰した際「復帰が早すぎる」と日本青年社に街宣をかけられていた。それを止める為に、仲裁者を入れず住吉連合会堀政夫会長の元を単身で訪ね、土下座謝罪したという。後に北野武自身の著書にも述べられているが、北野武は堀政夫から、「あれ?わざわざ一人で?そりゃ立場考えないとダメだよね、俺からもよく言っておくから、まぁ先方(日本青年社会長小林楠扶)にね、一言謝れば」と論され、後日、やはり小林の元へ一人で出向き謝罪した。小林楠扶は、北野武に対しマスコミ側の過剰な取材や、出版社員の挑発行為を小林は問題視もしていた。怒られながらも励まされ、金銭要求などは全く無かったと述べている。この一連の堀政夫の振る舞いが、後の北野映画の北野武自身の演技力に強く影響したらしい。
  • 武力では無く人間性で組織を築いた人物でもあり、当時、総勢1万6千人を超す大住吉を率いる首領にもかかわらず、とても豪華とはいえない質素な一軒家に住み、金銭に対する欲が無く、専用のリムジンに乗るのを嫌がり、大人数で歩くのを毛嫌いし、道の端を歩き、最高幹部である側近にさえ行き先を告げず、自ら切符を買い、単身で一般人と同じように手すりや吊革に摑まり、人の流れや四季の移り替わりを見て、それを楽しむかのように電車で移動していたという。現在ではまず考えられない本物の庶民派親分でもある。
  • 2021年現在、住吉会関 功代表(2022年5月死去)は、堀政夫の直系でもあり十分熟知していると思われる。

逸話

  • 「え?まーちゃんが(堀政夫)穏健派だと思ってるかもしれんがな、あー、そりゃとんでもない。あれ程、気性の荒い武闘派はいないよな、本来短気な男がな、調整役に徹して我慢してる姿見てりゃ、こっちが涙出てくるし辛くなってくらぁ」
    日本国粋会・六代目落合一家総長 高橋岩太郎 (某雑誌取材抜粋)


【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS