四文安太郎

四文安太郎(しもん やすたろう、別名・碑文安五郎、本名・伊東安太郎)は幕末の侠客、博徒。碑文谷一家初代。

略歴

  • 浅草の新門辰五郎、魚河岸の佃屋三吉、大川端の小島和吉?らと並び称される幕末の江戸で名高い侠客であった。
  • 天保13年(1842年)、国定忠治が関所破りで捕まり江戸の伝馬町へ送られた時、牢名主をしていたのが四文安太郎であった。そこで四文安太郎と国定忠治との間には深い友情が築かれた。
  • 東京から神奈川にかけて広大は縄張りを築いた。小金井小次郎碑文谷一家の縄張りにだけは手を出さなかった。
  • 明治2年11月5日没。

検索用



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS