生井弥兵衛

生井弥兵衛(なまいの やへえ、別名・升屋弥兵衛、本名・幸野弥兵衛)は幕末の侠客、博徒。生井一家初代。

略歴

  • 寛政7年(1795年)生まれ。
  • 下野国都賀郡生井村(栃木県小山市生井)の人。
  • 間ノ川一家間ノ川政五郎の子分であったが独立して生井一家を興す。
  • 女房は越後蒲原郡大野村ノ藤太郎の後家おきす。
  • 天保6年6月、小山ノ鬼万?を殺して旅に出る。
  • 弘化2年、越後の費場所を代貸に譲って、故郷の生井村に帰る。
  • 大久保一家の貸元であったとも言われる。
  • 兄弟分に香具屋佐兵衛間ノ川又五郎
  • 慶応4年(1868年)8月17日病歿。行年73。墓所は栃木県小山市下生井の桜源寺。
    墓は辺見貞蔵が古河の徳星寺に建立したが昭和53年、子孫の菩提寺小山市下生井の桜源寺墓地に移す。


【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS