埋地一家

三代目埋地一家(うめちいっか)は神奈川県横浜市中区本牧原36-14 本牧STビルに本部を置く暴力団で、指定暴力団・稲川会の二次団体。

画像

略歴

  • 鹿児島県出身、埋地の仙太こと渡辺仙太郎が興す。埋地の由来は、元は埋立地だった横浜の外国人居留地から来ており、ここでの賭博を仕切っていた事から勢力を拡大した。
    伊藤痴遊によると「居留地全体のカスリをとっていて明治20年前後に、毎日五百円位のカスリが入って来たのだから、先ず日本一のカスリ取りというても可い」とされる。
  • その後、名跡が途絶えたが、昭和に入り港湾荷役業・藤木幸太郎(藤木企業創業者)が埋地仙太を埋地一家の祖とし、埋地一家の名跡を復活させ、自身が初代を名乗った。
  • 二代目・外峯勇は京浜兄弟会だったが、錦政会(現・稲川会)へ加入。死後、再び埋地一家の名跡は途絶える。
  • 2008年4月、40年以上の時を経て稲川会直参・杉浦一家幹部・貞方留義が三代目を継承した。
  • 2024年1月、新人事を決定し役員を刷新。

系譜

旧系譜

初 代 - 埋地仙太こと渡辺仙太郎
二代目 - 五三宇吉
三代目 - 埋地小鉄こと古川徳太郎

再興後

 祖  - 埋地仙太
初 代 - 藤木幸太郎
二代目 - 海岸こと外峯 勇
跡 目 - 小林福次郎
跡 目 - 松田恵三
跡 目 - 生川晶平

現在

 祖  - 埋地仙太
初 代 - 藤木幸太郎
二代目 - 外峯 勇
三代目 - 貞方留義

三代目埋地一家組織図

総 長 - 貞方留義稲川会理事長)
若 頭 - 寺島元樹稲川会直参・寺島組組長)
本部長 - 淺田勝典稲川会代表理事・淺田組組長)
組織委員長 - 浅岡 志稲川会代表理事・浅岡組組長)
渉外委員長 - 加勢龍太郎稲川会代表理事)
運営委員長 - 本宮一清稲川会代表理事)
事務局長 - 近藤達明稲川会代表理事)
総長補佐 - 林 俊一
執行部 - 林 直樹稲川会理事)
執行部 - 佐藤弘樹稲川会理事)
執行部 - 間宮孝樹稲川会理事)
執行部 - 岡澤輝彦稲川会理事)
幹 部 - 松本泰司
幹 部 - 河合 了
幹 部 - 堀川 尚
総長付 - 丸山良二
総長付 - 藤田大亮



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS