佐藤会

極東関口谷畑二代目佐藤会(さとうかい)は秋田県秋田市旭南1丁目に本部を置いた的屋系暴力団で、極東会の二次団体であった。

略歴

  • 1928年、佐藤儀一が生まれる。
  • 17歳の時、極東関口一家・谷畑松五郎の子分となる。
  • 谷畑松五郎の活動拠点は青森県五所川原市であった。
  • 佐藤儀一は谷畑実子分として、北海道、東北、関東、北陸を回り修行を積んだ。
  • 1959年1月、本荘市に戻り市内の不良を配下に収め佐藤組を結成。
  • 1962年、佐藤儀一が極東関口一家谷畑二代目を継承。
  • 1971年、佐藤組は秋田市に進出。
  • 1974年5月、會津家・原一家橋本睦会と抗争。
  • 1975年4月、秋田県能代市の源清田一家相原同族会と抗争。
    この抗争が同年7月源清田連合会島影一家秋田支部との抗争に発展。
  • 1976年1月、源清田連合会松田阿部義会と抗争。
  • 同年3月、再び源清田連合会島影一家秋田支部と抗争。
  • 同年4月、住吉連合日本青年社と対峙。
  • 秋田県警は佐藤組壊滅第三次頂上作戦を実施、1976年9月、佐藤儀一を恐喝の疑いで逮捕。
  • 1978年、山形市の奥州山口一家から破門された川村正夫の加入をめぐって対立。移籍が認められ事態は終結。
  • 1978年5月、秋田県大館市の姉ヶ崎一家八神会と抗争。
    同年7月12日、佐藤儀一が姉ヶ崎一家八神会組員に銃撃され負傷。
  • 佐藤儀一が逮捕される。
  • 1982年、佐藤儀一が出所。
  • 1983年、秋田市旭南に新本部を置き、佐藤会に改称。
  • 最盛期は五所川原市、弘前市、青森市、鶴田町、野辺地町、秋田市、本荘市、横手市、山形市、天童市、鶴岡市、上山市等に支部を置き、分家・一家28、組員350~400人であった。
  • 1984年9月~11月、青森県の梅家宗家と抗争(第一次青森抗争)。
  • 1986年、東北神農同志会が結成され、佐藤会も加入。
  • 1986年、稲川会稲川一家岸本組と抗争。
  • 1987年8月2日、再び梅家宗家と抗争(第二次青森抗争)。
  • 1989年11月、五代目山口組羽根組と抗争(みちのく抗争)。
    同年12月、和解により抗争が終結。
  • 1990年、会内に主流派と反主流派(脱退派)が発生、分裂状態に至る。
    反主流派は五代目山口組芳菱会に加入。
  • 1992年7月、極東会が佐藤儀一を絶縁、佐藤会は解散。
    主流派は五代目山口組山健組弘道会に加入。

極東関口一家谷畑系譜

初 代 - 谷畑松五郎
二代目 - 佐藤儀一

佐藤会組織図

総 長 - 佐藤儀一(極東会最高顧問)
会 長 - 川村正夫(佐藤分家川村組?組長)
代 行 - 山口盛雄(佐藤分家山新組?組長)
本部長 - 神藤京治(佐藤分家神藤組?組長)
幹事長 - 藤森泰光(佐藤分家泰光組?組長)
運営委員長 - 畠山昭一(佐藤分家畠山組組長)
渉外部長 - 宮本誠一(佐藤分家宮本組?組長)
総務部長 - 井上晴三(佐藤分家井上組?組長)
事業部長 - 竹田武雄(佐藤分家竹田組組長)
組織部長 - 富田興満(佐藤一家富田組?組長)
事務局長 - 斎藤文雄(佐藤一家文組?組長) 
行動隊長 - 中村和典(佐藤一家中村組組長)
審議部長 - 葛西一盛(佐藤一家一盛組組長)
佐藤和男(佐藤一家儀和組?組長)
青年部長 - 花田弘一(佐藤一家花田組組長)
企画部長 - 今井勝也(佐藤一家今井組組長)
村山 修(佐藤一家)
木村義美(佐藤一家)
天立雅徳(佐藤一家天立組組長)
貝塚昇司(佐藤一家)
金田基一(佐藤一家金田組組長)
葛西強一(佐藤一家)      
田村正行(佐藤一家村正組?組長) 
対馬政人(佐藤一家)
西村 勝(佐藤一家)
高橋憲治(佐藤一家高橋興業組長)
佐藤政光(佐藤一家佐藤組?組長)
森田和雄(佐藤一家森田組組長)



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS