絆會

絆會(きずなかい)は大阪府大阪市中央区島之内1-14-14(四代目織田興業本部)に本部を置き、兵庫県神戸市長田区五番町3-5-7に本家を置く指定暴力団。

概要

略歴

結成当初

  • 2017年4月30日、神戸山口組山健組を中心に一部組員が脱退し任俠団体山口組を結成。
    同日、決意表明と称した結成式において、「組長」は置かずに山健組副組長・織田絆誠を代表とし、真鍋組組長・池田幸治を本部長とする組織構成を明らかにする。
  • 同年8月9日、組織名に含まれる旧字体の「俠」がニュースなどで正確に表記されず誤表記されることから、任侠山口組へ改称。
  • 2018年3月22日、兵庫県公安委員会から指定暴力団に指定。
  • 2019年4月8日、神戸山口組太田興業と親戚団体となるが、神戸山口組との関係はそのままだった。

絆會改称後

  • 2020年1月12日、絆會へ改称。
  • 同年8月11日、若頭の四代目真鍋組組長・池田幸治が、尼崎東署に解散届を提出。
  • 同年9月10日、絆會と池田組の会合で正式に親戚関係を締結。
  • 同月29日、長野県警は、前日の28日に上伊那郡宮田村の飲食店駐車場にて四代目竹内組組長・宮下聡が先代の金澤成樹に拳銃で腹部を撃たれた殺人未遂事件に関して、竹内組本部事務所に家宅捜索。
    神戸山口組を脱退した池田孝志織田絆誠は懇意の間柄で、金澤成樹宮下聡に拠点を岡山に移す事を指示、しかし宮下聡は絆會解散後、既に六代目山口組・三代目弘道会への加入を既に決めており、事情を知らない金澤成樹が説得したが宮下聡が拒否された事がきっかけで事件となったとみられる。
  • 同年10月5日、金澤成樹に逮捕状と指名手配が発令された。
  • 2022年9月9日、二代目宅見組組長・入江禎の尽力により、池田組神戸山口組が親戚団体となる。
  • 同月11日、長野市内の路上で幹部・道久誠が殴打され、全治2週間のケガを負った。
  • 同月12日、織田絆誠のボディガード・楠本勇浩の5回目の命日に絆會最高幹部の他、池田組と、親戚となった神戸山口組から幹部が現場で焼香、供養を行った。
  • 同年12月13日、神戸市内で事始め式を挙行。會指針は「常在戦場」。
  • 2023年1月6日、埼玉県狭山市にて若頭補佐・鈴木頼一が射殺される。
  • 同年7月21日、兵庫県公安委員会は2021年に兵庫県尼崎市戸ノ内町3-32-6の旧本部事務所が民間企業に売却されたこと確認し、新たに大阪市中央区島之内1-14-14(四代目織田興業本部)を絆會の「主たる事務所」に変更し官報で公示した。
    この本部事務所の移転は、公安委員会が暴力団対策法の指定団体に必要な「主たる事務所」を特定する為、一方的に本部移転を発表したが、大阪市中央区島之内の事務所は絆會本部としては使用していない。

絆會組織図

会長

織田絆誠

最高幹部

舎弟頭 - 植木 亨(二代目植木会会長)
若頭代行 - 小島大享神戸誠会会長)
本部長 - 稲山 恵(四代目織田興業組長)

特別相談役

土倉太郎土倉組組長)

相談役

花田哲雄(三代目東海連合総裁)
岡川賢二岡川総業組長)

舎弟

北島竜二北誠会会長)

若頭補佐

福井誠則薩州会会長)
東龍英史龍侠會会長)
前田貴光(二代目志闘会会長)- 服役中
組織委員長 - 出石正人侠真会会長)
慶弔委員長 - 道久 誠道久一家総長)
永吉正樹光竜会会長)

幹部

渡辺吾朗絆侠會会長)
橘 宗忠(二代目絆奥会会長)- 勾留中
谷奥由浩由仁総業組長)

直参

百瀬雅樹(二代目金澤組組長)- 服役中
積光武史(四代目鈴秀組組長)
三浦亮久豪亮会会長)
陣代絆章(三代目勢道会会長)
野澤実良(四代目北竜会会長)
西原大輔(二代目絆道会会長)
増田勝一貴道會会長)

若中

浅田健太(二代目絆真会会長)
組織委員 - 伊藤洋輔(三代目長谷川組組長)
組織委員 - 橘 宗忠(二代目絆奥会会長)
清水未来未樹総業組長)
中山睦巳至清会会長)
岩城光輝聖會会長)
貴島和吉貴島会会長)
森江孝利新誠会会長)

友好団体

池田組
宅見組



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS