福田屋栄次郎

福田屋栄次郎(ふくだや えいじろう、本名・関口栄次郎)は幕末の侠客、博徒、目明し。大前田一家

略歴

  • 上野国勢多郡粕川村月田(群馬県前橋市粕川町月田)の人。
  • 1793年生まれか。
  • 大前田久五郎の子分。
  • 大前田英五郎の義弟で兄弟分。
  • 文政元年7月17日、大前田英五郎問屋場和太郎久宮丈八を殺害する。
  • 晩年堅気となり、前橋で大きな旅館福田屋を経営した。
  • 前橋の旅籠屋である福田屋の養子となる。
  • 前橋の目明し頭をしていた。関東取締出役の道案内を務める。
  • 没年不詳。

検索用



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS