源清田田名辺会

源清田田名辺会四代目(げんせいだたなべかい)は茨城県龍ケ崎市に本部を置く的屋系暴力団で、源清田交友会に所属。元・全日本源清田連合会源清田一家田名辺

略歴

  • 源清田の発祥は茨城県の源清田村(現、河内町源清田)の水戸藩士の流れより派生。
    源清田の始祖は山本音次郎という説と山本弥八という説があり、山本は代々源清田を名乗り宗家は源清田山本である。
  • 源清田の始祖は徳川時代の水戸藩の隠密の目明しをしていた。
    その任の関係で北海道から関東(江戸)を行き来しており、隠密として時には的屋に化けたり、時には猿回しに化けることもあり方々で若い衆、土地の権力者と縁をもつことが多く、長い歴史の過程で源清田一派は関東甲信越・東北・北海道を中心に中部・東海地方まで組する者が多数いた。
  • 一時期札幌の源清田は七百人以上の勢力を有していた。
  • 田名辺会は主に茨城県南部に庭場を持ち、北関東、東京でも活動している。
  • 山口組二次団体である源清田会は同門であるが、現在は別組織。

源清田田名辺系譜

初 代 - 田名辺 某 
二代目 -
三代目 - 田名辺城男


【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS