東組

二代目東組(あずまぐみ)は大阪府大阪市西成区山王1-11-8に本部を置き、大阪府堺市西区草部7-5 601号に本家を置く指定暴力団。

東組

略歴

  • 1960年頃、信貴組の解散に伴い西成を本拠地として「東組」を結成。
  • 1973年頃には120名を数えるまでになっていた。
  • 1973年、東組は、山口組山健組と抗争
  • 1987年には、四代目山口組杉組・須藤組のちに、泉州抗争を引き起こし
  • 1983年、関西でも屈指の勢力を有していた五代目酒梅組と新大阪戦争を引き起こし山口組などの傘下に収まることもなく、結成から常に独立を貫いた上に他団体との縁戚関係も行わず、そういった理由から孤高の少数精鋭・喧嘩の東などと謳われてきた。
    その後も数々の抗争事件を引き起こし
  • 1993年8月、暴力団対策法に基づく指定暴力団に指定。
  • 森田組組長・森田至郎が組長に就任したが、会津小鉄会との舎弟縁組問題で、東清により絶縁・除名(抹消)となった。   
  • 2022年2月28日、三代目継承問題で、副組長川口和秀が二代目東組執行部に異議を唱えて対立し、内部分裂が生じた。
    当初、副組長・川口和秀並びに若頭・田村順一を舎弟へ降格と執行部で決議されたが、川口和秀が初代東組本家体制、二代目清勇会は「東組分家」であることから、独立する予定だったが、清勇会初代・東勇の了承を得られず、二代目東組は川口和秀を絶縁、二代目清勇会の家名も抹消。
    また、若頭の三代目森田組組長・田村順一、若頭補佐兼組織委員長の司成会会長・土方基成、若中の二代目清勇会若頭・大野大介の3名を除籍とし、三代目森田組及び司成会も解散、傘下組織も解散と引退、一部は他の東組傘下組織へ移籍という形を取り、内部分裂問題は終結した。

系譜

初 代 - 東 清
組 長 - 森田至郎 - 絶縁・抹消
二代目 - 滝本博司

二代目東組組織図(2022年4月)

組長

滝本博司

最高幹部

若 頭 - 中江常雄(二代目滝本組組長) -勾留中
舎弟頭 - 木村純壹木村組組長)- 勾留中
本部長 - 森岡憲史森岡組組長)
若頭補佐兼副本部長 - 宮脇信行(三代目赤松組組長)
若頭補佐兼慶弔委員長 - 奥山康行奥山組組長)
若頭補佐 - 神田英樹(二代目滝本組若頭・二代目司道會會長)-勾留中
秘書室長 - 福本祐二福本会会長)

幹部

小村博文(二代目久住組組長)

直参

木村雄治(四代目関谷組組長)- 服役中
林 久三林組組長)
薮田 等滝心会会長)

組長相談役

桜井正友桜井会会長)

組長付

西村 智
事務局 - 初田孝治-勾留中-
金田信一

本家付

市野 保
土井圭希
竹本 勉
中嶋雄治 - 勾留中
中井作人
中井 鉄
友田大地

過去の組織図



【このページの編集依頼】



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS