芦川会

芦川会(あしかわかい)は茨城県水戸市谷田町676-1に本部を置く暴力団で、指定暴力団・六代目山口組の三次団体。上部団体は三代目一心会。前身は三瓶組

略歴

  • 旧本部事務所 - 茨城県水戸市元吉田町1318-1(水戸市が買取・解体予定)
  • 2022年1月17日午後1時すぎ、 三代目三瓶組の事務所内で若頭・神部宏充が何者かによって射殺された。
    当時、事務所内には他に人がおらず、目撃者はいなかったが室内には拳銃が残されていた。銃撃犯は逃走中。
  • 同年、三瓶組は組織名称を「芦川会」に改称した。
  • 同年4月27日、若頭・神部宏充が射殺された事件を受け、茨城県水戸市は周辺学校に通う児童生徒の安全確保のため茨城県水戸市元吉田町1318-1の事務所の使用禁止を求めて仮処分を申し立てていたが、水戸市が事務所の土地と建物を1720万円で買い取ることで芦川会と和解が成立した。
  • 同年5月10日午前11時半ごろ、三重県伊賀市上野忍町の病院駐車場内で、芦川会組員・清水勇介が、一人で車中にいた絆會由仁総業組長・谷奥由浩に拳銃で発砲。
    谷奥由浩は3発の銃弾を被弾し右腕の骨を粉砕骨折するなどの重症を負った。
  • 同月14日午後2時頃、清水勇介は千葉県内の警察署に出頭し逮捕、三重県警伊賀署に移送された。
  • 同年10月19日、水戸市は取得した旧本部事務所を解体する方針を固めた。
  • 2023年7月9日午後5時40分頃、神戸山口組・二代目西脇組の事務所にトラックが突っ込む事件が発生。建物の門などが損壊したが当時、西脇組の事務所は暴力団対策法に基づく使用制限を受けて無人だった為、ケガ人はいなかった()。
  • 同月24日、西脇組事務所へのトラック突入事件で逮捕状が出ていた芦川会組員・釈迦堂宏和が茨城県警水戸署に1人で出頭し器物損壊の疑いで逮捕された()。
  • 同年10月31日、神戸地裁は、器物損壊などの罪に問われている釈迦堂宏和に対し、懲役1年6ヶ月(求刑・懲役2年)の実刑判決を言い渡した()。

系譜

三瓶組

初 代 - 三瓶映士
二代目 - 志村正史
三代目 - 芦川繁希

芦川会

初 代 - 芦川繁希

芦川会組織図

会 長 - 芦川繁希(三代目一心会理事長)
本部長 - 大内康二
舎弟頭 - 田沼 明
若頭補佐 - 沼田信浩
若頭補佐 - 小畑良一
舎 弟 - 小林弘幸



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS