石井一家

四代目石井一家(いしいいっか)は大分県大分市家島616-10に本部を置き、兵庫県神戸市北区幸陽町2-11-2に本家を置く暴力団で、指定暴力団・六代目山口組の二次団体。前身は石井組

画像

略歴

初代

  • 1953年12月、石井一郎が大分県別府市に石井組を結成。

二代目

  • 1973年、石井一郎が死去。
  • 同年8月、秋山潔が二代目を継承。
  • 1975年、石井組幹部の稲葉実が別府市で稲葉組を結成。
    同年、石井組幹部の高橋辰馬は大分県天瀬町で高橋組を結成。
    同年、石井組幹部の宮脇與一?は別府市で宮脇組を結成。
    二代目石井組は4派に分裂した。
  • 同年7月20日昼、別府海門寺公園で、石井組幹部と稲葉組幹部が、競輪のノミ行為の利権をめぐって喧嘩となった。
  • 同年9月7日、石井組若頭・橋本勲が稲葉組幹部らに射殺された。
  • 1978年11月、秋山潔稲葉実を絶縁。
  • 1979年6月、稲葉実は三代目山口組若中となり稲葉一家を結成した。
  • 1980年、川近組組長・川近幸男?と、宮脇組組長・宮脇與一?が三代目山口組若中となって石井組から独立。
  • 1987年6月22日昼、別府市緑ヶ丘町路上で、二代目石井組江口組組員が、宮脇組首竜会会長を拳銃で射殺。

三代目

四代目

  • 2009年9月、江口亨が引退、生野靖道が跡目継承を承認。六代目山口組若中に昇格した。
  • 後に幹部兼組長付に就任。
  • 2021年2月、六代目山口組若頭補佐に就任した。
  • 2024年3月29日、山口組執行部会で組織委員をまとめる新役職「組織委員会責任者」が設けられ、生野靖道が就任した。

系譜

初 代 - 石井一郎(1953年-1973年)
二代目 - 秋山 潔(1973年-1992年)
三代目 - 江口 亨(1992年-2009年)
四代目 - 生野靖道(2009年-)

四代目石井一家組織図

総長

生野靖道(六代目山口組若頭補佐・組織委員会責任者・九州ブロック長)

最高幹部

総長代行 - 首藤 治
副総長 - 川越邦行川越総業組長)
本部長 - 原 義一(四代目川近組組長)- 服役中
若頭補佐 - 下藤勝一郎(四代目江口組組長)- 勾留中
若頭補佐 - 佐保裕久(三代目北斗会会長)
若頭補佐 - 平野隆司(三代目大友会会長)
若頭補佐 - 南 富士男南連合会会長)- 服役中
若頭補佐 - 渡邉一幸(三代目大友会副会長)

顧問

江口三郎

若中

首藤優児(三代目大友会最高顧問)
玉田成博(四代目江口組顧問・玉田総業組長)
黒木浩文(四代目井根組組長)
野仲靖幸(四代目江口組副組長・野仲組組長)
嵐 竜彦石生会会長)

常任理事

君島 拓(三代目大友会若頭)
陶山陽太(三代目北斗会若頭)
宮﨑鉄心(三代目大友会会長代行)
児玉文哉(三代目大友会舎弟頭補佐)
高杉謙吾(四代目川近組舎弟)

理事

濱田桂司郎(三代目北斗会舎弟頭)- 服役中
長井慎司(三代目大友会舎弟頭)
河野雄太(三代目大友会若頭補佐)-勾留中
安藤大騎(四代目江口組若頭代行)
横山正義南連合会副会長・南正組組長)
園田大成南連合会若頭補佐)
児玉伸一南連合会慶弔委員長・暁組組長)
嵐 龍成石生会若頭・二代目嵐組組長)
園田 駿(三代目大友会会長秘書)

幹事

谷 良二南連合会副会長補佐・相談役・南龍総業組長)
菅原源誠南連合会副会長補佐・菅原組組長)
南田大助南連合会事務局長・会長秘書・南正組舎弟頭)
山田健二南連合会本部室長)
野仲 蓮(四代目江口組若中)
村上敬輔石生会舎弟頭)



【このページの編集依頼】




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS