#author("2024-03-06T02:36:05+09:00;2023-11-01T11:54:40+09:00","","")
#author("2024-05-28T22:27:27+09:00","","")
* 清水一家[#v219a603]
''六代目清水一家''(しみずいっか)は[[静岡県静岡市清水区庵原町138-10:https://maps.app.goo.gl/JEmSnWZi1yXnbur69]]に本部を置き、[[静岡県焼津市八楠1-20-7:https://maps.app.goo.gl/REQuzmxxwtvL5NSx9]]に本家を置く暴力団で、指定暴力団・六代目[[山口組]]の二次団体。旧''五菱会''→''美尾組''。
#ref(山口組/山口組.jpg,right,nowrap,画像)
** 略歴[#zc082e04]
#ac(h,open){{
*** 独立組織[#fd7985e3]
-幕末に遠州清水を中心に勢力を有し海道一の大親分と呼ばれた[[清水次郎長]]の一派に端を発する。
-1843年、[[清水次郎長]]は喧嘩の果てに人を斬ると、[[江尻大熊]]らとともに出奔し無宿人となる。
諸国を旅して修行を積み交際を広げ成長した次郎長は清水港に一家を構えた。
諸国を旅して修業を積み交際を広げ成長した次郎長は清水港に一家を構えた。
-1859年、尾張知多亀崎乙川において次郎長が[[保下田久六]]を殺害する。
-1860年7月18日、子分の[[森石松]]が[[都田吉兵衛]]により殺害された。
-1861年1月15日、駿河国江尻追分において[[森石松]]の仇である[[都田吉兵衛]]を殺害した。
-1863年5月10日、天竜川において甲斐国の[[黒駒勝蔵]]と対陣した。
-1864年6月5日、三河国の[[平井亀吉]]に匿われていた[[黒駒勝蔵]]を[[形原斧八]]とともに襲撃した。
-1866年、[[荒神山の喧嘩]]に加わった。
-1893年、[[清水次郎長]]が死亡すると筆頭子分・[[清水大政]]の直系である[[小沢惣太郎]]が二代目を継承した。
-1915年、[[小沢惣太郎]]が死去。跡目不在となった。
-1923年、関東大震災が起き、横浜港が壊滅的な打撃を受け代替港として清水港が注目された。
荷役の支援として神戸の[[斉藤仙太郎]]率いる斉藤組が清水港に進出し、荷役を巡る縄張り争いが起こった。
-1926年、[[小沢惣太郎]]の若衆であった[[岩崎市蔵]]が斉藤組組員に刺殺された。
-1942年、清水一家長老・[[田辺高之助>岩淵高之助]]の指名により[[増川仙右衛門]]の流れを汲む[[鈴木幸太郎>鈴木幸太郎(清水一家)]]が三代目を継承した。
-[[鈴木幸太郎>鈴木幸太郎(清水一家)]]が死ぬと田辺高之助の孫・[[田辺武一]]が四代目を継承した。
-[[田辺武一]]が三十代で死亡し、実弟の[[田辺金吾]]が五代目を継承した。
-以来、独立博徒一家として存在した。
-1966年11月13日、五代目・[[田辺金吾]]は清水一家の解散を決意し、清水市内の料亭「玉川桜」で解散式を行った。解散式には清水市長や次郎長の遠縁にあたる静岡大学教授など関係者170人が出席した。
*** 美尾組[#u9cf03e1]
-五代目清水一家の幹部であった[[美尾尚利]]が、独立組織・''[[美尾組]]''を興す。
-1982年、美尾が三代目[[山口組]]・[[黒澤組>黒誠会]]に舎弟として加入。
-1984年、[[山口組]]から[[一和会]]が分裂した中、[[黒澤組>黒誠会]]組長・[[黒澤明]]が引退し、[[黒澤組>黒誠会]]が解散。[[美尾組]]は四代目[[山口組]]若中に昇格した。
-2002年10月、[[美尾尚利]]が病気の為引退。
*** 五菱会
-[[美尾組]]若頭で[[陣内組]]組長・[[高木康男]]が地盤を引き継ぎ、[[渡辺芳則]]が名付け親となり、''五菱会''に改称した。
-2003年11月、組織ぐるみで闇金融に関与し多くの被害者を出した''[[五菱会ヤミ金事件]]''に端を発する捜査が五代目[[山口組]]総本部に及び、組織名を''二代目[[美尾組]]''に戻す。
*** 清水一家[#u3d56fa2]
-2007年2月28日、[[高木康男]]が清水一家の系譜を継ぐ正当な後継者として、また[[清水次郎長]]のネームバリューを利用する為、清水一家の五代目総長・[[田辺金吾]]に挨拶を済ませ、''六代目''を名乗り組織名も''六代目清水一家''に改称した。
-なお、高齢の[[田辺金吾]]に「今後の身の回りも大変なのでは」と[[高木康男]]は3,000万円を手渡しており、後に[[田辺金吾]]は地元記者に「高木はいい人間だ」と語っている。
-地元住民からは、浪花節や小説映画の題材などにもなり、清水の観光資源となっていた「清水一家」の名跡が、現代の[[暴力団]]として復活する事でイメージダウンに繋がるとして反対運動が起こった。
-2021年2月1日、[[高木康男]]は六代目[[山口組]]若頭補佐から舎弟に直る。
}}
** 清水一家(次郎長一家)[#t30c7571]
#ac(h,alt){{
初 代 - [[清水次郎長]]
二代目 - [[清水大政]]
三代目 - [[増川仙右衛門]]
四代目 - [[山本小三郎]]
五代目 - [[小沢惣太郎]]
六代目 - [[岩崎市蔵]]
七代目 - [[鈴木幸太郎>鈴木幸太郎(清水一家)]]
八代目 - [[田辺武一]]
九代目 - [[田辺金吾]]
** 次郎長一家二十八人衆 [#nc416613]
海道一の大親分・[[清水次郎長]]が率いた次郎長一家には次郎長一家二十八人衆(清水二十八人衆)と呼ばれた配下がいた。
-[[清水次郎長]]こと山本長五郎
-[[清水大政]](山本政五郎)こと原田熊蔵
-[[清水小政]](山本政五郎、山本音五郎)こと吉川冬吉
-[[森 石松>森石松]]こと山本石松
-[[増川仙右衛門]]こと宮下仙右衛門
-[[大瀬半五郎]]こと大作半五郎([[関東綱五郎]]と同一人物説有り)
-[[法印大五郎]](角田甚左衛門、伊藤甚左衛門)
-[[小松七五郎]]
-[[桶屋鬼吉]](こと吉五郎)
-[[大野鶴吉>大野鶴吉(清水一家)]]
-[[相撲常八]](相撲常、相撲常吉、[[五明常八]]と同一人物説有り)
-[[関東綱五郎]](こと鈴木綱五郎)
-[[寺津勘三郎]]
-[[追分三五郎]](架空の人物とされる)
-[[国定金五郎]]
-[[舞阪富五郎]]こと原田富五郎
-[[田中啓次郎]](田中敬太郎)こと原田政蔵
-[[三保松五郎]](豚松、三保豚松)
-[[四日市敬太郎]]
-[[問屋場大熊]]
-[[清水岡吉]]こと吉沢熊蔵
-[[鳥羽熊八]](鳥羽熊、伊勢鳥羽)こと梶川藤次郎
-[[辻 勝五郎>辻勝五郎]](辻勝)こと加藤勝五郎
-[[伊達五郎]]
-[[由比松五郎]](由井松五郎)
-[[吉良勘蔵]]こと太田勘蔵
-[[興津清之助]](興津勘之助)こと山田小平治
-[[吉良仁吉]]こと太田仁吉

上記の他、[[大瀬半五郎]]と[[関東綱五郎]]を同一人物とする説や[[清水次郎長]]を含めない説などがある。その場合[[関東丑五郎]]こと加藤市五郎、[[小川勝五郎]]らが加えられる。
}}
** 系譜[#i2338cc7]
初 代 - [[清水次郎長]]
二代目 - [[小沢惣太郎]]
三代目 - [[鈴木幸太郎>鈴木幸太郎(清水一家)]]
四代目 - [[田辺武一]]
五代目 - [[田辺金吾]]
六代目 - [[高木康男]]
** 六代目清水一家組織図[#udb1df06]
総 長 - [[高木康男]](六代目[[山口組]]舎弟)
若 頭 - [[高木明良]](三代目[[美尾組]]組長)
舎弟頭 - [[望月孝雄]](二代目[[杉山組>杉山組(清水一家)]]組長)
本部長 - [[吉岡 宏>吉岡宏]]([[吉岡組>吉岡組(清水一家)]]組長)
若頭補佐・東京責任者 - [[田嶋 聡>田嶋聡]](三代目[[陣内組]]組長)
若頭補佐 - [[前田利一]](二代目[[田辺会]]会長)
舎 弟 - [[内野英機]]([[内野組]]組長)
幹 部・総長秘書 - [[槙野訓裕]]([[槙野組]]組長)
若 中 - [[平良勇次]](二代目[[豊田組>豊田組(清水一家)]]組長)
----
-この項目は書きかけ項目です。
-役職や名称等、人事の変更がされても、必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正にご協力ください。
''※''誹謗中傷や悪戯、荒らし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは''厳禁''とします。
-編集される際は「[[テキスト整形のルール(詳細版)>FormattingRules]]」をご覧ください。
-編集を依頼される場合、他のユーザーに編集協力を依頼する時は下記の【このページの編集依頼】または【[[加筆・編集依頼]]】から''編集対象のページタイトル・編集内容''をできるだけ詳しく記載の上、依頼してください。
運営宛に編集依頼する時は【[[メールで編集依頼]]】から依頼してください。
----
【このページの編集依頼】

#comment
~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS