#author("2024-05-16T01:54:28+09:00;2024-05-16T01:53:51+09:00","","")
#author("2024-05-16T02:20:14+09:00","","")
* 小池 寛[#se4ab8c9]
''小池 寛''(こいけ ひろし)は日本のヤクザ。[[関東丁字家>丁字家]]佐橋一家[[芝山]]三代目。
** 略歴 [#x8d5e219]
-媒酌人として有名であった。
-[[全丁字家連合会]]・[[全丁字家誠心会]]初代会長。
-兄弟分は極東[[桜井]]一家[[関口]]本家四代目・[[田中春雄]]。


-1925年(大正14年)3月、静岡県浜松市生まれ。
-旧制中学時代の17歳のとき、学徒動員令を受け、広島。呉に招集されて南方へ送り込まれ、ニューギニアで終戦を迎えた。
-1945年(昭和20年)末、復員して浜松へ返った。
当時、浜松は街も人の心も荒廃しきっており、ほどなく小池寛は愚連隊の群れに身を投じた。
その頃、名古屋に大きな勢力を持っていた[[関東丁字家>丁字家]]佐橋一家[[芝山]]分家小池初代・[[小池重次]]という親分の若い衆と知り合い、21歳の春、そのつてで名古屋に行くことになった。
-旧制中学時代の17歳のとき、学徒動員令を受け、呉に招集されて南方へ送り込まれ、ニューギニアで終戦を迎えた。
-1945年(昭和20年)末、復員して浜松へ帰った。
当時の浜松は荒廃しきっており、ほどなく小池寛は愚連隊の群れに身を投じた。
その頃、名古屋に大きな勢力を持っていた[[関東丁字家>丁字家]]佐橋一家[[芝山]]分家小池初代・[[小池重次]]という親分の若い衆と知り合い、21歳の春、名古屋に行くことになった。
-[[小池重次]]は[[関東丁字家>丁字家]]佐橋一家[[芝山]]初代・[[芝山益久]]から唯一、分家名乗りを許された人物だった。
-小池寛は[[小池重次]]の若い衆として勇名を馳せるようになり、小池寛を倒して名を上げようとするチンピラが出始めた。
-1947年(昭和22年)、小池寛が22歳のとき[[小池重次]]によって東京・浅草の[[芝山益久]]のもとへ送り込まれた。
-1947年(昭和22年)、小池寛が22歳のとき東京・浅草の[[芝山益久]]のもとへ送り込まれた。
-東京では芝山一家の[[田川朝英]]親分のもとへゲソをつけ、競輪の予想屋にあずけられ関東一円の全競輪場を回った。
当時、[[芝山益久]]の部屋住みも経験し、1957年(昭和32年)までの10年間、いつも[[芝山益久]]と一緒であり、親とも慕う[[芝山益久]]が急逝した際、小池寛は2日間というものメシものどが通らないほどのショックを受けたという。
-1972年(昭和47年)、[[芝山]]二代目・[[清水一]]が高齢を理由に引退を決意し、跡目として白羽の矢を立てられた際には再三再四、辞退したが、同年5月26日、[[芝山]]三代目を襲名した。
当時、[[芝山益久]]の部屋住みも経験し、1957年(昭和32年)までの10年間、いつも[[芝山益久]]と一緒であり、親と慕う[[芝山益久]]が急逝した際、小池寛は2日間メシがのどを通らないほどのショックを受けたという。
-1972年(昭和47年)、[[芝山]]二代目・[[清水一]]が高齢を理由に引退を決意し、跡目として白羽の矢を立てられた際には再三再四辞退したが、同年5月26日、[[芝山]]三代目を継承した。
----
-この項目は書きかけ項目です。
-役職や名称等、人事の変更がされても、必ずしも最新の情報とは限りません。加筆、訂正にご協力ください。
''※''誹謗中傷や悪戯、荒らし行為、悪質な売名行為、他サイトの宣伝などは''厳禁''とします。
-編集される際は「[[テキスト整形のルール(詳細版)>FormattingRules]]」をご覧ください。
-編集を依頼される場合、他のユーザーに編集協力を依頼する時は下記の【このページの編集依頼】または【[[加筆・編集依頼]]】から''編集対象のページタイトル・編集内容''をできるだけ詳しく記載の上、依頼してください。
運営宛に編集依頼する時は【[[メールで編集依頼]]】から依頼してください。
----
【このページの編集依頼】

#comment
~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS